登下校日記&今日の2000形

 今日も雨。家をギリギリに出て必死に歩いて三国が丘駅を目指す。今日みたいな天気の悪い日に列車を1本遅らすと、九大学研都市駅から先が地獄になる。今日のJ062列車は2000形2021編成。約1週間ぶりに乗車する。プラス1両の威力を遺憾なく発揮して、今日も約600人を無事に送り届けた。参議院議員選挙に出ている人のあいさつを聞きながら地下鉄へ。地下鉄は今日も1000系(正しくは1000N系だけど)で運行。

 九大学研都市では、昭和バスを待つ行列が昨日より長くなっていた。7:56発の臨時バスは、今日は周船寺経由の続行各停に。すぐに先発の定期バスに追いつく。途中バス停で待つ人は、周船寺で乗った人を除いて何故かみんなして先行の混んでいるバスに乗り込んでいく。今日は工学部があるウエストゾーンで授業があり、いつもならビッグオレンジのバス停で下りて歩いて上るが、いつもより少々遅かったので山の上の終点、九大工学部前バス停まで乗る。終点まで乗ったのは丁度2ヶ月ぶり。

 今日の帰り、筑肥線では快速1652C(303系K02編成)に乗車。天神到着後ジュンク堂書店に立ち寄って時間を潰し、西鉄の花畑行急行G183列車を待つ。もしかしたら、2000形が当たっているかもしれないからだ。ホームへ行くと、丁度2000形が入線してきた。今日も朝の運用を終えた後、日中急行運用に入っていたらしい。運用の詳細は6月17日の日記を参照。この列車に乗って、筑紫で小郡行普通3171列車(8000形8061編成充当・日中特急運用から続く)に乗り換え、18:46三国が丘到着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください