登校日記(珍しいガラガラのバス)

 今日は、朝の1、2限にある共通コア科目はレポート週のため授業が(本来なら)ない。しかし、1限の「社会性」は、僕が履修しているクラスの先生が途中で休講したため、講義回数確保のため補講があった。朝の列車の混雑は西鉄、地下鉄・JRともいつも通りだったが、昭和バスの乗客は明らかに少なかった。7:50に横浜西経由の九大工学部前行が、「そこそこ」の立ち客を乗せて発車。7:52に同じ横浜西経由の定期バスがあり、僕はそれに乗車したが、いつもとは比べものにならないほどガラガラ。7:54発、周船寺経由のバスを待つ人は、前も見かけた気のするおばあさん1人だけだった。いつもなら横浜西経由2台が満員で発車、周船寺経由もいっぱいになって続行臨時便を追加、となるのに。

 横浜西経由のバスはもともと途中からの乗客は殆ど無い。僕の乗ったバスも他聞にもれず、追加の乗客がないまま九大ビッグオレンジに8:05到着。その後着いた西鉄バス九大急行も空いていた。そして、キャンパスの人影もまばらだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください