通学に利用する列車について(その2・地下鉄JR編)

 福岡(天神)で、僕の通学行程は距離的にも所要時間的にも丁度半分になる。ここから西へ、さらに地下鉄とJRを使って移動することになる。

 地下鉄で利用する列車も、行きは完全に固定されている。福岡市地下鉄空港線・JR筑肥線433C、福岡空港7:12発、筑前前原行き普通列車。筑前前原で327C、西唐津行き普通列車に接続する。この列車は福岡市交通局1000系・2000系が充当される。各駅でちょこちょこと乗客を集め、その8割近くを九大学研都市で吐き出す。九大学研都市以西の利用動向は分からない。(ここで降りなければ授業に間に合わなくなるので)姪浜以西での客層は高校生・大学生が半数以上を占めている。

 ちなみに、この列車の1本後に九大学研都市に到着する623C・西唐津行き普通列車(8:03着)が、九州大学伊都キャンパスへ向かう学生でさらに混雑する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください