西鉄・車両検査状況更新

天神大牟田線

10月27日から重要部検査のため入場していた8000形8061編成が、11月26日に運用復帰しました。この重要部検査は、全般検査出場後1回目となります。次の全般検査期限までの間に後1回の重要部検査が行われます。

また、11月13日以来運用が確認できていなかった6000形6002編成が、12月11日に運用復帰しました。全般検査のための入場でした。前回の全般検査から7年9か月目のこととなります。

編成 更新区分 更新内容
8061F 重要部検査(1回目) 2009.07→2014.11
6002F 全般検査 2007.03→2014.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください