西鉄車両運用レポート(2015/01/01・正月ダイヤ)

新年あけましておめでとうございます。今年も「青竹雑記帖」をよろしくお願い致します。

※下記で用いている「○○運用」という識別記号は独自のものです。併結編成の表記は、右側を大牟田方としています。
西鉄天神大牟田線・太宰府線では、1月1日〜3日の期間中、正月ダイヤが施行されます。土曜・休日ダイヤを基本とし、日中の福岡(天神)~小郡間と太宰府線の列車が変わるダイヤで、それに伴い運用が大きく変わっています。

日中特急運用(全5運用)

今年の正月ダイヤでは、日中特急全5運用に、3000形7両編成(5両+2両)が2本、5000形7両編成が2本、6000形・6050形7両編成が1本充当されています。

列車番号 運用 編成 備考
A163列車 A01 6000形6002編成+6050形6156編成
A161列車 A02 5000形5007編成+5127編成
A153列車 A03 5000形5034編成+5113編成
A132列車 A04 3000形3104編成+3011編成
A130列車 A05 3000形3105編成+3009編成

日中急行運用(全7運用)

正月ダイヤにおける日中急行運用は、花畑系統が通常ダイヤと同様の4運用、通常の小郡系統3運用に代わり、9〜16時台に福岡(天神)〜太宰府間を直通する臨時急行「初詣号」3運用となっています。

花畑系統

花畑系統は、昨年(2012年3月改正時の正月ダイヤ)と同様、3000形6両編成3本、5両編成1本が充当されています。5両編成が単独充当される運用は、昨年までは福岡(天神)滞泊を含む「花01」運用でしたが、今年は「花03」運用となっています。

列車番号 運用 編成 備考
G170列車 花01 3000形3113編成+3108編成+3103編成 6両編成
G133列車 花02 3000形3001編成+3006編成 6両編成
G163列車 花03 3000形3010編成 5両編成
G140列車 花04 3000形3007編成+3002編成 6両編成

太宰府系統:臨時急行「初詣号」

太宰府系統の臨時急行「初詣号」は、今年から太宰府線内の車両運用が変更されたため、1運用減って3運用となりました。2014年3月改正により、通常ダイヤでも午前中の小郡行急行が太宰府行急行に振り替えられていますが、「初詣号」は太宰府発福岡(天神)行の急行列車も設定され、運転時間帯が広くなっている点が異なります。2010年11月以降、太宰府駅の有効長が6両編成までに制限されたため、太宰府系統はすべて6両編成の充当となります。
「初詣号」の運用形態は、単純な福岡(天神)〜太宰府間の折り返し運用です。昨年まであった、太宰府到着後の太宰府線内1往復の普通列車運用は、「旅人」運用の関係で別個運用に再編成され、「初詣号」ヘッドマークをつけた普通列車が走る光景は見られなくなりました。

列車番号 運用 編成 備考
L162列車 宰01 5000形5121編成+5125編成
L161列車 宰02 5000形5130編成+5124編成
J161列車 宰03 5000形5129編成+5122編成

太宰府線運用(特記3運用)

正月ダイヤでは、主に太宰府線のみに関わる運用が3個運用存在します。早朝〜10時に8000形8021編成「妖怪ウォッチ電車」が固定充当される系統、8000形8051編成「太宰府観光列車『旅人』」が固定充当される系統、10〜18時の線内普通列車を担当する運用の3つを記述します。
従来、正月3が日は太宰府線の混雑が激しいため、早朝時間帯を除いてクロスシート車を運用せず、ロングシート車に限定する方針がありました。しかし今年は、2014年3月に運行開始した「太宰府観光列車『旅人』」の編成を、通常ダイヤの運用と同じように組み込み、さらに運用時間帯を18時台まで延長して走らせることとなりました。

列車番号 運用 編成 備考
6065列車 「妖怪」 8000形8021編成 「妖怪ウォッチ電車」
L091列車 「旅人」 8000形8051編成 「旅人」
6167列車 603 5000形5120編成+5115編成

日中普通列車運用(北部区間)

正月ダイヤにおける日中普通列車運用は、日中急行の小郡系統が太宰府系統に振り替えられるのを補完するために、福岡(天神)〜筑紫間の普通列車が小郡まで延長されます。それに伴い、二日市・小郡系統が通常より1運用増えて7運用となっています。大善寺系統は基本的に変わりません。
昨年までは、通常ダイヤでの福岡(天神)〜太宰府・筑紫間普通列車8運用について、太宰府発着の列車を筑紫発着に、筑紫発着の列車を小郡発着に変更して筑紫・小郡系統8運用を構成していました。2014年3月改正で福岡(天神)〜太宰府間の普通列車が二日市で分断されたのに伴い、今年の正月ダイヤでは二日市発着系統がそのまま据え置かれたため、二日市〜筑紫間の普通列車は昨年までの正月ダイヤ施行時より毎時2本減少し、通常ダイヤと同じ本数となりました。

二日市・小郡系統(全7運用)

二日市・小郡系統は、7000形4連1本、6000形4連1本、6050形4連1本、5000形4連4本が充当されています。昨年まであった、8000形の充当は今日は見られませんでした。

列車番号 運用 編成 備考
4161列車 351 7000形7109編成+7107編成
5171列車 352 6050形6055編成
5161列車 353 5000形5033編成
5163列車 354 5000形5005編成
3160列車 355 5000形5010編成 筑紫まで
3162列車 356 6000形6005編成
3170列車 357 5000形5008編成

大善寺系統(全7運用)

大善寺系統は、6000形4連3本、6050形4連2本、5000形4連2本が充当されています。7000形・7050形の充当はありません。

列車番号 運用 編成 備考
2152列車 201 6000形6006編成
2143列車 202 6050形6053編成
2130列車 203 6000形6004編成
2132列車 204 6000形6001編成
2161列車 205 5000形5136編成
2131列車 206 6050形6051編成
2150列車 207 5000形5139編成

その他運用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください