昨日はダイヤ改正の概要を書きましたが,今日は,ダイヤの観察をします.

今までは(7)大保・文化会館ルートを除く各ルートが,それぞれ市の3つの公共施設(小郡市役所・文化会館・あすてらす)を通るルート構成となっており,それらのルートが通る区間を「共通ルート」と名付けていました.

今回の改正により,(1)古飯・今朝丸ルート,(2)端間・大原ルート,(4)下岩田・乙隈ルートにおいて,「共通ルート」に相当する文化会館~小郡市役所~あすてらす間の運行が廃止されます.その代替として,(7)大保・文化会館ルートを文化会館~小郡市役所~あすてらす間で運行するようになり,同時に(7)大保・あすてらすルートに名称変更されます.また,あすてらすにおいてバスを乗り継ぎ,小郡市役所・文化会館・イオン小郡ショッピングセンターで乗降する場合は,一乗車分の運賃100円で利用できるよう制度が変更されます.

本記事では,あすてらすにおける乗り継ぎダイヤがどのように組まれているかを観察します.

あすてらすにおける乗り継ぎダイヤについて

(1) 古飯・今朝丸ルート

往路1便(小郡今朝丸9:44→あすてらす10:13)から小郡市役所・文化会館・イオン小郡ショッピングセンター方面へのバスは,37分の待ち合わせ時間で(6)井上・今隈ルートの復路1便(あすてらす10:50→イオン小郡ショッピングセンター11:11)が接続します.あすてらす10:10発の(3)横隈・津古ルート復路1便(小郡市役所10:16・文化会館10:20・イオン小郡ショッピングセンター10:26)へ,タッチの差で接続できないダイヤとなっているのは,主要施設への乗り継ぎ利用の観点からはやや残念なところです.

復路1便(あすてらす13:40→小郡今朝丸14:09)へは,(7)大保・あすてらすルートの往路4便(イオン小郡ショッピングセンター12:59→あすてらす13:30)が接続します.こちらは待ち合わせ時間10分と,良好な接続となっています.

(2)端間・大原ルート

当ルートはイオン小郡ショッピングセンター,西鉄小郡駅(小郡市役所徒歩3分)を通るため,乗り継ぎが必須となるのは文化会館だけとなります.

往路1便(イオン小郡ショッピングセンター8:30→あすてらす9:19)は,(7)大保・あすてらすルートの復路2便(あすてらす9:34→イオン小郡ショッピングセンター9:55)に15分待ちで接続します.この便は,パークタウン・西鉄小郡駅を経由しません.

往路2便(イオン小郡ショッピングセンター11:16→あすてらす12:05)は,(7)ルートの復路4便(あすてらす12:26→イオン小郡ショッピングセンター12:54)へ21分待ちで接続します.

往路3便(イオン小郡ショッピングセンター16:57→あすてらす17:41)は,(8)通勤・通学ルートの復路1便(あすてらす18:12→希みが丘第3 19:04)へ31分待ちで接続します. 1分差で(5)東野・美鈴が丘ルート復路3便(あすてらす17:40→三国が丘駅西口18:33)に接続しないのは残念ではありますが,夕方遅く,各公共施設がすでに閉庁・閉館しようとしている時間帯ではありますので,乗り継ぎ利用はあまり想定していないといったところでしょうか.

復路1便(あすてらす10:43→イオン小郡ショッピングセンター11:33)へは,(7)ルートの往路1便(イオン小郡ショッピングセンター9:59→あすてらす10:30)から接続します.

復路2便(あすてらす14:03→イオン小郡ショッピングセンター14:53)へは,(7)ルートの往路4便(イオン小郡ショッピングセンター12:59→あすてらす13:30)から接続します. (3)ルートの往路2便からは7分差で接続しないのは残念です.

復路3便(あすてらす15:58→イオン小郡ショッピングセンター16:48)へは,(7)ルートの往路5便(イオン小郡ショッピングセンター15:02→あすてらす15:33)から接続します.(5)ルートの往路3便から1分差で接続しないのはまたもや残念ではありますが,乗り継ぎ需要はあまり見込めないようにも思われます.

(4) 下岩田・乙隈ルート

往路1便(三国が丘駅東口9:15→あすてらす9:48)は,(3)ルートの復路1便(あすてらす10:10→光が丘11:01)が22分待ちで接続します.

復路1便(あすてらす12:45→三国が丘駅東口13:19)へは,(7)ルートの往路2便(イオン小郡ショッピングセンター11:40→あすてらす12:03)から接続します.待ち時間がだいぶあります.

感想

まだ施行まで半月あり,実際の乗り継ぎ利用がどの程度行われるかは,これからの結果を見なければわかりません.便数削減によるコスト圧縮を行いつつ,利便性をできる限り落とさずに主要施設を結ぶダイヤ・ルート構成を考えてあることは感じますので,小郡市民の方はもとより,市外からのお客さんにも大いにコミュニティバスを利用して頂きたいところです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。