常時SSL化に伴うWordPressのサイトアドレス変更でハマった話(後半)

後半:WordPressの設定変更でハマる

今回は、常時SSL化の実施とともに、独自ドメインを設定し、その際に、 aotake91.net で、WordPressのディレクトリを指すように設定変更しました。
そのため、一般的な設定変更の方法と比べて、設定すべき値が微妙に違っており、ドツボにハマる原因となりました。

手順1:アドレスを新しいものに書き換える

WordPressには、

  • WordPressアドレス (URL)
  • サイトアドレス (URL)

の2つの設定項目があります。常時SSL化にあたっては、2つの項目の先頭にある「http://」を「https://」に書き換えればよいのですが、今回は独自ドメインの設定も同時に行っていました。
両方の設定項目を書き換えて設定更新をしたところ、設定画面が開かなくなり、500 Internal Server Error が出るようになりました。

続きを読む 常時SSL化に伴うWordPressのサイトアドレス変更でハマった話(後半)

常時SSL化に伴うWordPressのサイトアドレス変更でハマった話(前半)

昨日実施した、常時SSL化・独自ドメイン化にともない発生した問題と、その対応をまとめてみます。

記事要約

  • 常時SSL化はドメイン取得→ドメインをサーバに設定後、常時SSL化サービス設定ワンクリックでできた。
  • しかし、WordPressのサイトパスを変更したら、Internal Server Error (500エラー) が発生
  • サイトパスの問題解消後も、固定ページ表示時に500エラー
  • パーマリンク設定を更新して解決

続きを読む 常時SSL化に伴うWordPressのサイトアドレス変更でハマった話(前半)

サイト常時SSL化・独自ドメイン化を実施しました

みなさま、ご無沙汰しております。青竹です。

本日、当サイト「青竹雑記帖(新)」の全体について、SSL (TLS) による接続に対応いたしました。
これにより、サイトを閲覧する際の安全性が従来より高くなります。

これに伴い、サイトアドレスを変更し、独自ドメインを設定しております。
新アドレスは、 https://aotake91.net/ となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Ubuntu上のApacheでCGIを実行できるようにするメモ

大学院の講義実習で用いるシステムを構築するために、Ubuntu上でApacheサーバーを立ち上げ、さらにその上でCGIを実行できるようにしようとしてかなり時間を取られたので、その手順をメモしておきます。

手順概略

  1. ディレクトリを作る。
  2. Apacheにモジュール (userdir, cgid) を組み込む。
  3. 設定ファイルを書き換える。
  4. Apacheを再起動する。

ファイルの書き換え配置を簡単にするために、ホーム配下にpublic_htmlディレクトリを作り、/~(ユーザ名)/でアクセスできるようにしました。

詳しい手順

ディレクトリを作る

ホームディレクトリ配下に、public_htmlディレクトリを作ります。また、読み書き実行の権限を適切に設定します。

$ mkdir public_html
$ chmod 755 public_html

Apacheモジュール (userdir, cgid) を有効化する

Ubuntuでは、Apacheの設定ファイル (.conf) が目的別に分割されており、a2enmod コマンドを用いることでモジュールの有効・無効を簡単に切り替えることが出来ます。(行っていることは、設定ファイルの読み込み元ディレクトリに、別ディレクトリにある設定ファイル群へのシンボリックリンクを張る手続きのようです。)
userdir モジュールは、各ユーザのホームディレクトリ配下に用意したWebページ公開ディレクトリを有効にします。
cgidモジュールは、ApacheサーバーでのCGI実行を可能にします。UbuntuではデフォルトでCGIが無効になっているようですので、このモジュールを明示的に組み込む必要があります。(一番はまったのがここでした。)

$ sudo a2enmod userdir
$ sudo a2enmod cgid

なお、モジュールを無効にするには、「a2dismod (モジュール名)」コマンドを実行すればできます。

設定ファイルを書き換える

設定ファイルを書き換えて、ホームディレクトリ配下のpublic_htmlディレクトリにあるCGIを実行できるようにします。
有効になっているモジュールの設定ファイルは、/etc/apache2/mod-enabled ディレクトリにシンボリックリンクが張られています。
その設定ファイルをエディタで編集します。
具体的には、

  • mime.conf を編集して、.cgi の拡張子を持つファイルを cgi-script として処理するよう設定する。
  • userdir.conf を編集して、public_html ディレクトリに ExecCGI Option を付加する。

を行います。

$ cd /etc/apache2/mod-enabled
$ sudo vi mime.conf

220行目付近の AddHandler 行頭の#を削除し、後ろに.cgiを付加
#AddHandler cgi-script
AddHandler cgi-script .cgi 

$ sudo vi userdir.conf

Options にExecCGIを書き加える。
<Directory /home/*/public_html>
        AllowOverride All
        Options ExecCGI MultiViews Indexes SymLinksIfOwnerMatch IncludesNoExec
                ^^^^^^^
        <Limit GET POST OPTIONS>
                Allow from all  
        </Limit>
        <LimitExcept GET POST OPTIONS>
                Require all denied
        </LimitExcept>
</Directory>

Apacheを再起動する

Apacheの再起動は、次のコマンドで出来ます。

$ sudo service apache2 restart

もしくはこちら。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

GIMP 2.6.10、Mac OS Xにインストール

 前日23時より、今日のおそらく15時頃までかかってGIMP 2.6.10をインストールした。ただのソースコードからインストールしようとすると「〇〇が足りない」とconfigureスクリプトが山のように報告してきたので、MacPortsを使うことにした。

 「sudo port install gimp」と入れるだけで入力作業は終わったけれど、 そこから先がめちゃくちゃ長かった。初めてのインストールだったので、関連プログラムも同時にダウンロード、コンパイルされ、その数が120個弱。朝の時点でgcc4.4のコンパイル中。それから祖母の家に行って、帰りがけにEF81形の450番台を初めて目撃し、夕方に家に帰ってきたらようやく終わっていた。