通学に利用する列車について(その1・西鉄編)

 平日、通学のために必ず乗るのは西鉄天神大牟田線・J062列車だ。西鉄小郡6:35始発、途中の筑紫から急行に変わって福岡(天神)に7:14到着。日中の同種の列車と比べて、所要時間は5分ほど長い。

 本日は所定の3000形5両編成で運行。まだ朝ラッシュ前の時間帯とはいえ、5両編成だと筑紫までの普通列車区間で席はほぼ埋まって立客が出る。さらに二日市以北では結構車内にみっちりと人が詰まる。車端部を除いて全席が転換クロスシートのため、立って乗る余裕は比較的少ない。同じ3扉クロスシートの2000形と比べると、各車両中央扉スペースの収容能力が若干劣る。というのも、2000形は中央扉すぐ横に2人がけのロングシート(よく考えれば奇妙な表現だが)が設置されているからだ。

 帰宅時間は一定しないが、週2~3回利用するのは1171列車。福岡(天神)17:25発の柳川行き普通列車である。昼間に特急列車として福岡(天神)と大牟田の間を往復してきた、特急型車両の8000形がこの普通列車の運用に入る。途中で何度も特急・急行に抜かれるが、所要時間が1時間弱となる小郡市内の各駅までなら、僕以外にも乗り通す人が時折見受けられる。

西鉄2000形・近日の動き

 九州にある大手私鉄、西日本鉄道。天神大牟田線系統では車両の世代交代が進行している。1973(昭和48)年に特急型車両として登場し、その後格下げ改造を受けて主に急行列車に使われていた2000形(けい)が、ついにあと1編成となった。

 車両紹介・性能諸元については公式サイト「にしてつグループホームページ」の「電車情報 >> 西鉄電車について >> 車両のご紹介」から見ることができる。また、Wikipedia「wikipedia:西鉄2000形電車」の情報も有益である。

 現存車両は2021編成6両のみ。3月27日に行われたダイヤ改正以降、定期運用はない。しかし、頻繁に他形式の代走に入っており、5月15日から5月18日にかけては、踏切事故の影響から日中の特急運用についていた。今週は火・水・木の3日連続で朝6時台の上り急行(列車番号J062列車、西鉄小郡6:35発〜西鉄福岡(天神)7:14着)に入っている。

 今年に入ってから運用離脱、廃車となった2031編成についての、僕自身の目撃録は以下のとおり。

  • 4月15日:最終目撃(対向列車)
  • 4月22日:3両+3両に分割されて、筑紫工場入場線に留置されていた

(この間に、方向幕などの取り外し作業)

  • 5月7日:2032、2033号車(大牟田方の電動車ユニット)が、筑紫検車区(工場の隣、筑紫車両基地の一部)奥の解体線に移動

(この間に、サッシやドアなどの取り外し作業)

  • 5月20日:日中、2033号車の車体が重機によって潰される
  • 5月21日:日中、2032号車の車体が重機によって潰される
  • 5月25日:2035、2036号車(福岡方電動車1両、制御車1両)、解体線に移動
  • 6月3日:2036号車完全解体
  • 6月4日:2035号車完全解体
  • 6月8日:2031、2034号車(大牟田方制御車1両、福岡方電動車1両)、解体線に移動

今日現在、車体の姿はまだ確認できている。

時の記念日、開設。

 ふと思い立って、ブログを作ってみた。

 コンピュータに触れている時間はそこそこ長いし、大学の情報工学系の1年生の中で数少ないプログラミング経験者であったりもする(もうちょっと多いかと思っていた)のだが、今年になるまで情報発信めいたことはしたことがなかった。

 3月上旬にTwitterのアカウントを登録したのが、インターネット内露出(?)の始まり。もっとも、その当初の目的は「ツイッター募金に参加するため」だったのだが。その後、気が向いたら近況を投稿してみたり、近所を走る西日本鉄道の情報なんかを書き散らしたりして今に至る。不思議なことにフォロワーが3人+1店舗いらっしゃるので、全くの独り言というわけでもない。ちなみに、その中に知り合いは1人もいない。

 話題としては、趣味である鉄道(主に地元)が中心、ライトノベル、アニメ、漫画が時折出てくるような気がする。

 更新は思い立ったときに。最初のうちは頻繁にあるかもしれない。

 それでは、よろしく。