西鉄・車両検査状況更新

お久しぶりです。車両検査状況の更新です。前回の検査状況更新から1年近く空いてしまいました。
過去1年間の動き、および要調査としていた編成についてデータが集まりました。ご協力いただきました皆様に感謝いたします。

天神大牟田線

5000形5103編成が2018年1月に運用離脱となりました。

編成 更新区分 更新内容 備考
5008F 全般検査 2010.06→2018.04
5112F 全般検査 2009.10→2017.06 2017.06.05 出場試運転
5114F 全般検査 2009.07→2017.06 2017.06.20 出場試運転
5115F 重要部検査 2009.12→2017.05
5116F 全般検査 2010.02→2017.12
5117F 重要部検査 2009.12→2017.11
5121F 全般検査 2010.08→2018.05 2018.05.18 出場試運転
5126F 重要部検査 2010.10→2018.04
5128F 重要部検査 2009.08→2017.07
5033F 重要部検査 2010.05→2017.10
5138F 重要部検査 2008.12→2016.09
6001F 重要部検査 2009.06→2017.05
6004F 重要部検査 2010.07→2018.04
6701F 重要部検査 2009.11→2017.07 2017.07.31 出場試運転
6052F 全般検査 2009.11→2017.08
6055F 重要部検査 2008.03→2015.05
7104F 重要部検査 2010.02→2017.09
7159F 重要部検査 2008.03→2015.12
911F 全般検査 2010.11→2017.11
編成 更新区分 更新内容 備考
6005F 誤記訂正(重要部検査) 2010.02→2010.12
5103F 運用離脱・廃車 2018.01.08 運用離脱

西鉄・車両検査状況更新

天神大牟田線

9000形が運用投入され、5000形5101編成が運用離脱となりました。

編成 更新区分 更新内容 備考
3010F 全般検査 2009.03→2017.04
5136F 重要部検査 2010.03→2017.03
5138F 重要部検査 2008.12→要調査
9001F 全般検査 2017.03(新製) 2017.03.20 3101列車より運用開始
9002F 全般検査 2017.03(新製) 2017.03.30 運用開始
9103F 全般検査 2017.03(新製) 2017.03.20 3101列車より運用開始
9104F 全般検査 2017.03(新製) 2017.03.30 運用開始
編成 更新区分 更新内容 備考
5101F 運用離脱・廃車 2017.03.31 2017.03.31 4193列車をもって運用離脱
2017.04.05 解体線に据付

西鉄・車両検査状況更新

天神大牟田線

前回までの更新時に漏れが発生していた分(7102F・7103F)について、今回修正しました。

編成 更新区分 更新内容 備考
3108F 重要部検査 2010.09→2017.01
3009F 全般検査 2009.03(新製)→2017.02 2017.03.01 運用復帰
5130F 全般検査 2008.06→2017.01 2017.01.17 試運転
5032F 全般検査 2009.09→2016.12
5137F 重要部検査 2009.03→2016.11
6051F 全般検査 2009.05→2017.02 VVVFインバータ装置未換装
7102F 重要部検査 2008.06→2016.05
7103F 重要部検査 2008.11→2016.06

上記のほか、6050形6054編成がモーターおよび制御装置更新(GTO-VVVF→SiC-VVVF)を受けた模様です。1月14日の時点ですでに更新工事は完了し、その後、筑紫車両基地構内試運転が実施されました。
本日現在、電留線に留置されていますが、未だ本線試運転が実施されていません。

貝塚線

本日、600形601編成の全般検査出場試運転が実施されたとの目撃情報がありました。

西鉄・車両検査状況更新

天神大牟田線

6050形6156編成が6157編成と同様のモーターおよび制御装置更新(GTO-VVVF→SiC-VVVF)を受け、8月16日に運用復帰しました。6157編成と同様に大牟田方先頭車・モ6156は電装解除されてク6156となりました。これにより、モ6150形が形式消滅しました。

前回の更新から間が空いたため、更新数が多数に渡っています。また、前回までの更新時に漏れが発生していた分についても今回修正しました。

編成 更新区分 更新内容 備考
3001F 重要部検査 2009.09→2016.05
3103F 重要部検査 2009.06→2016.07
3104F 重要部検査 2009.09→2016.08?
3105F 重要部検査 2010.06→2016.11
5104F 重要部検査 2008.12→2016.08
5113F 重要部検査 2008.08→2016.02
5119F 全般検査 2008.10→2016.07
5120F 全般検査 2008.11→2016.07
5122F 全般検査 2009.03→2016.11
5129F 全般検査 2009.02→2016.10
5131F 全般検査 2008.08→2016.06
5034F 全般検査 2008.03→2016.03 (重要部検査2012.02 表の記述入れ違い)
5139F 重要部検査 2008.12→2016.09
5140F 全般検査 2007.08→2015.05
7102F 重要部検査? 2008.06→2016.05? 要調査
7103F 重要部検査? 要調査
7111F 全般検査? 2008.06→2016.03? 要調査(※2016.03.17 本線試運転)
7159F 重要部検査? 2008.03→2016.01? 要調査(※2016.01.16 検査後の運用)

西鉄・車両検査状況更新

天神大牟田線

3月末までに、3000形の増備編成はすべて運用を開始しました。また、3月31日に長期休車となっていた6050形6157編成が運用復帰しました。6157編成はモーターおよび制御装置が更新され、それに伴い大牟田方先頭車・モ6157は電装解除されてク6157となりました。これにより、ク6150形が新形式として登場しています。

3000形については、3012編成が2回目の重要部検査を受けたことにより、5両固定編成全てが重要部検査を2回受けたことになりました。

編成 更新区分 更新内容 備考
3002F 重要部検査 2009.07→2016.04
3012F 重要部検査(2回目) 2013.05→2016.05
3018F 完成検査 2016.03 2016.03.12 運用開始
3119F 完成検査 2016.03 2016.03.24 運用開始
3120F 完成検査 2016.03 2016.03.26 運用開始
5035F 重要部検査 2008.07→2016.04 ワイパー増設
6157F 全般検査 (不明)→2016.03 形式変更多数

西鉄・車両検査状況更新

天神大牟田線

3000形の今年度増備車両の完成検査試運転が、2月24日~26日の3日間行われました。また、その中の3017編成が営業運転を開始しました。

5000形については、前回リストアップしていました5125編成、5034編成が検査を受け、また、その他に5113編成が重要部検査を受けて出場しました。来年度末から5000形を置き換える新しい3ドアロングシート車・9000形の導入が始まるため、今年以降重要部検査・全般検査を受ける5000形のうち、MG(電動発電機)搭載車は最終受検となる可能性があります。

編成 更新区分 更新内容 備考
5113F 重要部検査 2008.08→2016.02
5125F 重要部検査 2008.02→2016.01
5034F 全般検査 2008.03→2016.03 2016.03.07 全検試運転
7101F 重要部検査 2008.07→2016.02
3017F 完成検査 2016.03

6000形・6050形・7000形・7050形は今年2月より、軽微な検査入場の折に、先頭車客室に非常用はしごを搭載する工事が進められています。設置場所は、6000形・6050形が大牟田方先頭の制御車(ク6000・ク6050)、7000形・7050形が福岡方先頭の制御車(ク7500・ク7550)で、それぞれ運転席背後の客室側壁面にはしごを収めた箱が設置されています。